医療脱毛のreview

5/14東京国際フォーラムでキャンデラユーザーズミーティングが開催されました。当院ではキャンデラ社製ジェントルシリーズというレーザーで医療脱毛やレーザーフェイシャルを行っています。この会で医療脱毛について、復習したことを備忘録として、私見も含めて述べます。

IMG_3476

エステサロンの脱毛との根本的な違い

 レーザー機器を使った脱毛は医療機関でしか許可されていません。サロンでの脱毛は「美容ライト脱毛」と称する光脱毛ということになります。医療機関でないので、毛を発生させる毛乳頭・皮脂腺開口部・バルジ(幹細胞)を破壊する行為はできません。とういことは低出力の光を用いて減毛させることになります。クリニックでのレーザー脱毛も、正確には永久脱毛と言えないのかもしれませんが、永久脱毛の定義もはっきりしないので、長期的な減毛というのが正確です。メラニンの少ない産毛や白髪は難しいということですが、クリニックですので、上記の毛を発生させる器官を破壊する行為が可能なのは確かです。

禁忌や合併症について

 リウマチなどで金製剤を投与されている方、金の糸が体内に留置されている方です。ニキビや湿疹については、やはり良くなることが多いので演者の先生と同様、当院でも積極的にお勧めしています。

 毛嚢炎や紅斑は割と起こります。マイルドステロイド(ロコイド)+抗菌薬(アクアチム)などの外用で対処します。熱傷、色素沈着は時々経験します。テクニカルな問題では三日月型の色素沈着の場合、冷却不十分(これは照射角度や機械の不具合)が考えられます。過冷却による色素沈着も肌質により経験することですが、長引く傾向にあります。硬毛化については以下に述べます。

IMG_3475

硬毛化について

硬毛化しやすい人

 20~30歳代

 色白

 産毛が多く、毛の量も多い

 毛穴が開き気味

 好発部位(うなじ、肘上、背中、腰など)は数パーセントで起こりえます。逆に下肢ではどの先生も硬毛化の経験がないというのが不思議であり、このメカニズムの解明が待たれるところです。

 硬毛化に対する照射プロトコールも出てまいりました。アレキサンドライトの連続照射法やYAGに切り替えることです。当院はロングパルスYAGレーザーも備えており、硬毛化の際には使用することがあります。

ニキビ治療について

 ・基本に忠実。皮膚科学会は新薬が出ると治療ガイドラインをこまめに改定していますので、当院もこれにのっとって結果出しています。

 ・治療のゴールはニキビ跡の予防 ということはいかに新しいにきびを作らず、できたときに軽く済ませるかです。・赤ニキビを早く治す。・そしてmini-scar(0.5㎜~2㎜の小さいニキビ跡)を無くす。炎症性ざ瘡の8.2%がなってしまうとのことです。

 ・きれいにニキビ跡を治すためにも、自由診療は必要です。ピーリングやレーザー(ダイオードなど)です。

 ・抗生剤単独使用は避ける。 BPO併用など、必要です。

メラノーシスを起こす、パラクラインサイトカイン系

 UVBにより、ケラチノサイトや線維芽細胞からET-1、エンドセリン、SCFなどのサイトカインがメラノサイトを活性化するメカニズムの話がありました。また、最近老人性色素斑においては表皮の処理では再発する例に対し、これは真皮の線維芽細胞からのサイトカインシグナルが原因との話はよく出てきます。

IMG_3477 IMG_3474

 

医療脱毛のゴールドスタンダード

脱毛、医療脱毛

今年から当院では医療脱毛に力を入れています。サロンでの脱毛や、今や家庭用脱毛器などもあり、多くの人が光脱毛機に触れた経験がある時代になりました。同時に低コストで気軽なイメージを持つ方も多くなっています。しかし、脱毛や減毛できるということは、身体の皮膚という臓器に侵襲が加わるから起こる事象です。そこにはやけどや皮膚炎などのリスクを伴うということも理解しなければなりません。医師でない方がどこまでこのことを理解して、また有害事象発生時の対応について、医学的な問題や法律的な問題が問われることもあります。当院の患者さんの声を聴くと、

・一定の脱毛効果が得られるまで、施術回数が10回以上、もしくはほとんど効果がない

・安価なサロンで顧客が込み合い、次の施術ができない。

・やけどや硬毛化のリスクについて、説明がなされていない。

ジェントルシリーズによる医療脱毛

 今年から、アメリカ、キャンデラ社製のロングパルスアレキサンドライトレーザーが、医療脱毛に対し厚生労働省からの承認を得ることができました。つまり、国はこのレーザーによる脱毛行為に一定の評価をし、皮膚レーザー治療が唯一可能な医療機関での脱毛を認めたということです。

 

 当院ではこのロングパルスアレキサンドライトレーザーを使用した医療脱毛を行っています。レーザー治療器がボストンからクリニックに送られてきました。

IMG_2833立派な木箱で空輸されました。IMG_2835超精密機器で厳重な管理です。IMG_2834

すでにたくさんの方に評価を頂いております。

 このキャンデラ社のジェントルシリーズというレーザーは国内の医療脱毛ではトップシェアの歴史ある実力派です。特殊なものではなく、多くのクリニックに導入されているものです。岐阜市内でも数件のクリニックで稼働しています。

ジェントルシリーズによる当院での医療脱毛の特徴です

・十分な知識と技術を持つ医師、看護師が、必ず医師の指示の下、施術します。

・完全個室で施術します。また、保険診療とは別のフロアーでゆったりと過ごしていただけます。

・医師より医療脱毛についての十分なインフォームドコンセントを行います。

・比較的、安価な価格で提供します。

・予約はなるべく希望の日にできるようにします。遅くとも数日以内で可能です。

 この機器のポスターが、やや刺激的です。FullSizeRender (11)

当院は、ほかにもシミ、シワ、たるみ治療など、定評ある機器で治療を行います。お気軽にお問い合わせください。IMG_3075

 

 

岐阜市形成外科・美容外科・美容皮膚科ぎふスキンケアクリニック 医療脱毛に関する投稿

医療脱毛はどこでも同じか?①

 

美容皮膚科におけるムダ毛の医療脱毛についてです。

医療脱毛に求められること

1)効果が良い これは回数が少なくて済むということが一つ。ひげ脱毛、Iラインの脱毛などは、回数を重ねてもなかなか効果が出しにくい部位です。これらがきちんと処理できるかどうか。

2)痛みが少ない 施術の技術や機械の種類によっても変わります。また、機械の種類は、光・ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・YAGレーザーなど、波長の問題と、シングルパス(単発打ち)か、マルチパス(重ねうち、いわゆる蓄熱式脱毛と呼ばれます)かによっても変わります。

3)副作用が少ない 主な副作用・・・やけど、色素沈着、硬毛化、白髪化 です。これも機械の種類、体質、肌状態によって左右されます。

4)安価である 

さて、ここからは施術者側が医療脱毛機に求めることも含まれています。

5)施術しやすくて一回の施術が速い これは施術者の技術もそうですが、何より、機械のスピードによります。

6)機械の業者さんの対応がよい 万一の故障時など、すぐに対応できなければなりません。

7)機械や消耗品、保守管理費用が抑えられている これは患者さんに対する料金に反映されてしまいますから、重要なことです。

写真は当院の医療脱毛スタッフ研修です。ルミナス社製のライトシェアという、ダイオードレーザー(シングルパス)です。とても良い器械で全国的に人気があります。良く抜けます。

img_3788スタイリッシュでかっこいい。スタッフ同士で照射トレーニングです。

img_3793ダーモスコピーでのぞくと・・・

「お~、良く焦げている!」

img_3799自分の足でもトレーニングしておきました!皮膚を吸引して照射するタイプです。他社に無い素晴らしい技術です。

 

岐阜市薮田南 形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック 医療脱毛 レーザー脱毛 に関する投稿

医療脱毛Q&A

Q 何回くらいできれいになりますか?

A 4回から6回程度必要です。

 Q 期間はどのくらいかかりますか?

A 2か月に1回の施術で1年です。

 Q 時間はどのくらいですか?

A 両脇で2分~3分程度、両ひざ下でも20分程度です。

 Q 痛みはありますか?

A 冷却ガスを使用し、皮膚を保護するので心配ありません。

 Q エステサロンでの脱毛と何が違いますか?

A クリニックでしか扱えないレーザー脱毛機で施術をします。脱毛には火傷などのリスクがありますが、万が一のトラブルに対してのフォローもしっかりさせて頂きます。

 Q 脱毛する日は剃らないほうがいいですか?

A 前日にシェービングをお願いします。施術する1か月前から毛を抜かないようにして頂きます。

 Q 脱毛後は毛を剃ったり抜いたりしてもいいですか?

A 気になる場合は毛を抜かずに剃るのみでお願いします。

VIO脱毛に何を求めるか?

 VIO脱毛は女性器周囲の脱毛の総称です。Vラインはビキニライン、Iラインは外性器の前後左右や会陰部、Oラインは肛囲です。

 最近、VIO脱毛を受けられる女性はたいへん多いです。この部位を脱毛することでどのようなメリットがあるのか、考えてみます。大きく2つの理由と思います。

1) 下着やビキニから出ないように・・・

 下着やビキニも形は多種多様です。毎回ムダ毛処理をするのは労力がかかりますし、肌を傷めます。レーザー脱毛で脱毛、減毛してしまうといつでも、どんなタイプのものでも、気を使うことは無くなります。形だけでなく、素材や色なども、自由度がひろがります。


2) 衛生的である
 

 特にIラインやOラインでこのことが言えるようです。汗で蒸れたり、月経時や排便時など、やはり毛がない方が衛生的です。臭いが気になる方も、有効と言われます。



 以上から、波及して、人それぞれの生活の中で、様々な効果があるようです。例えば、

● 彼氏へのマナーとして・・・
 
 

 ムダ毛処理がちゃんとされているか、気にする男性も割と多いと思います。

 また、下着の自由度が高いことも彼氏に喜ばれるという方もみえます。

 ハイジニーナ(VIOすべて完全に脱毛してしまう女性)がいいと思う男性もおられます。また、逆にそれが嫌な男性もみえるので、施術する際は、後先を考えて、脱毛の部位と程度をよく考えるべきでしょう。
 ハイジニーナは公衆浴場や温泉でも、見せられないと言われる方もみえます。適度な減毛が好まれます。

 Vラインの毛量の多い方が、ラインを整え、毛量を減らすと、局所の見た目が大変若く、かわいく見えると思います。

 脱毛のデザインをハート型の陰毛にしたりと、すこし変わったご希望の方もみえます。

● 彼氏だけでなく、もし万が一病院へいった時、婦人科の診察の時などのマナーとして・・・

 医療従事者からすると、そのようなことは関係ないとおもうのですが、脱毛を売りにするエステやクリニックでは、一つの営業文句なのでしょうか、たまにこのようのお話も出てきます。

● さらに介護されるようになったとき、介護者へのマナーとして・・・

 これも人それぞれの考え方です。見た目のことも、言えますが、排泄の介護を受ける際も、ムダ毛は無い方が衛生的であるとは思います。

 
 ただ、数年前の毛髪医学会で聞いた講演のなかで、意外にも、高齢女性の陰部への植毛需要が多いとのことです。私は陰部へ植毛の経験はないのですが、なるべく自然な陰毛の再生を希望されるそうです。この動機は、介護を受ける際、お嫁さんに薄くなった陰毛を見せるのは恥ずかしいということだそうです。

などなど、メリットがいろいろあります。時代の流れで、今の20歳代のVIO脱毛希望者は増加の傾向です。逆に30歳代半ばごろになると、この需要は減るようです。しかし、出産後にムダ毛が濃くなったと感じる女性も多く、こういう方は積極的に施術を希望されます。
 そして、男性側も、女性のムダ毛対策について、意識してみるような風潮があるように感じられます。
 

次へ »

pagetop