日焼け止め選びの基礎知識

日焼け止めには2種類あります

世の中の日焼け止めには、紫外線吸収剤(紫外線を吸収し肌に到達させないもの)と紫外線散乱剤(紫外線を反射させ肌に到達させないもの)という成分の2種類があります。

紫外線吸収剤は化粧品として加工しやすいのが利点です。SPF値も高く作ることが可能で、肌から取れにくいよう界面活性剤との相性も良いです。しかし、有機化合物であり、紫外線を吸収すると肌に刺激のある物質に変化します。つまり肌に良くないということです。

一方、紫外線散乱剤は化粧品にすると白く浮きやすく、加工しにくく、SPF値を高く作ることが難しいのが欠点です。しかし、天然ミネラル(鉱物)でできているので、無機物です。つまり肌にアレルゲンとなったり、刺激になることが非常に少ないため、肌に優しいと言うことです。

 

推奨される適切なSPFとPA

 日本皮膚科学会では、日常的にSPF15~30、PA+以上のサンスクリーン剤を使用することを勧めています。これは美容のみで無く、日光角化症(SCCの前がん病変)や基底細胞がんの予防のためにも大切なことです。日頃からSPF50の紫外線吸収剤を使用することは、逆に肌に対して刺激となり痛めかねません。

 

参考

SPF(サンプロテクションファクター)とは、UBVを防ぐ効果を示し、最大50+の製品があります。SPF15とは、たとえばUBVを浴びると10分で赤くなる人が10分×15=150分、つまり塗らないときに比べ15倍赤くなるのを延ばせるということです。日焼けやしみの原因です。

PA(プロテクショングレイドオブUVA)とは、UVAを防ぐ効果を示し、最大PA++++の製品があります。しわなど、真皮コラーゲンへのダメージの原因です。

 

日焼け止めの使い分け

 紫外線散乱剤で構成される化粧品は肌に優しく日常的に使用すべきです。ほとんど外出しないのでしたら、日頃からビタミンAを使用していただいていると紫外線にも強いので使用しなくても良いと思います。しかし、10分でも外を歩くなど、外出があるのでしたら使用すべきと思います。紫外線散乱剤でSPF値も満たすものも多いです。しかし、海やプールなど、レジャーとなると肌なじみがよく、落ちにくい紫外線吸収剤を使用しないと仕方が無いのかなと考えます。SPF50PA++++ということです。

 最近は紫外線吸収剤でも、肌に刺激とならない工夫が売りの日焼け止めも市販されているようです。また、紫外線散乱剤でもSPF値が50のものはいくつかございます。

 薬局では紫外線吸収剤が使用されていないもは「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」と書いてあります。(成分表に載っています。)

 

当院で推奨している日焼け止めです。

 image-01

 エンビロンのラドローションは紫外線吸収剤と散乱剤と両方でできているのですが、肌へ低刺激となる工夫や、他の美容成分、抗酸化成分がたくさん使われており、美容液のように使用可能です。もちろん日常的に使用を推奨しています。レジャーの場合は必ず3時間程度で塗り直しをして使用してほしいです。SPF16ですが、塗り直しをすると焼けません。

 lp_ph_nonuvmilk

 ビューティフルスキンのUVミルクですが、こちらは完全に紫外線散乱剤のみでできています。SPF30ですが、こちらも塗り直しをしないと焼けるような印象があるので注意してください。しかし、この製品は化粧水感覚でジャブジャブと使いやすく、軽いです。もちろん肌へ刺激になりにくいです。少し塗り始めは皮膚からはじかれるように見えますが、ゆっくりなじませていただければ大丈夫です。

塗るだけでふっくら唇!「ラシャスリップス」

お待たせいたしました。当院でも待望の「ラシャスリップス」導入いたしました。

cimg5585

 リップグロスですが、有効成分が粘膜の修復や、アンチエイジングに役立ちます。また塗るだけで数分後にはふっくら唇になっていきます。これはメントールとカプサイシンが配合されていて、唇の粘膜が刺激され、血管が拡張し、血流がup。この刺激は癖になります。

cimg5582ヒアルロン酸注入と組み合わせると、さらに効果的です。

常時6色は在庫を置いてあります。全12色です。希望の色があればすぐに取り寄せ可能です。

1本あたり¥7500(税別)です。

 

岐阜市薮田南 形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック ラシャスリップス マキシマイザー

 

日本における紫外線対策の遅れ

紫外線は皮膚に悪影響。百害あってい一利のみ。

 光老化と呼ばれますが、しみ・シワの原因として、紫外線は8割の悪役を担っています。年齢のせいにしてはいけません。そして、皮膚がんの重要な原因になっています。外仕事(農業や漁業など)をつづけてきた高齢者の方の日光露出部位(顔や手の甲)などは、よく皮膚がんが発生します。一卵性双生児が、紫外線対策をした方と、しない方で80歳まで観察すると別人のように肌質に違いがでるのです。

 一利あるといわれるは、紫外線によって体内にビタミンDを合成することができるということです。その為過去には日光浴というものが推奨されましたが、必要なビタミンDは日陰に30分、つまり普通に生活しているだけで十分な紫外線量が得られます。

小麦色の焼けた肌は80年代の妄想・・・

 健康的に日焼けするなんてことは、過去の妄想です。

 ・子供のうちから日焼けをしよう! と言っていると皮膚がんになります

 ・夏日焼けをすると冬風邪をひかない! と言っていると免疫機構が1週間程度不安定になってヘルペスが出たり、疲れをためてしまいます

 ・日光浴で丈夫な骨を作ろう!上記のごとく、その必要はありません

欧米や豪州の紫外線対策キャンペーン Slip Slop Slap Seek Slide

  1. Slip on sun protective clothing that covers as much of your body as possible.
  2. Slop on SPF 30 or higher broad-spectrum, water-resistant sunscreen, at least 20 minutes before sun exposure. Reapply every two hours when outdoors or more often if perspiring or swimming.
  3. Slap on a broad-brimmed hat that shades your face, neck and ears.
  4. Seek shade.
  5. Slide on sunglasses.

 衣服、サンスクリーン剤、つばの大きな帽子、サングラスを使って紫外線防御し、日陰にいなさいというキャンペーンです。slip slop slapと韻を踏んで国中に浸透させ、皮膚がんの発症を減らしているとのことです。

 日焼け止めに関してはSPF15~30 PA1+を日常的に塗布することで、日光黒子や日光角化症(皮膚がんの手前)扁平上皮癌も、光老化も効率的に予防可能です。しかし、薄く塗るだけではだめです。重ね塗りするぐらいで表示された効能を発揮しますから、注意してください。塗り直しが重要なのも上記のとおりです。

教育現場での紫外線対策の遅れ

 本来教育現場で行うべき紫外線対策を挙げてみますが、日本は先進諸国の中でもかなり遅れているようです。文科省は主導力が弱く、日本美容皮膚科学会などが主導で啓蒙活動を行っています。

 1)時間の工夫

 紫外線量は一日の中でも変化します10時から15時の比較的紫外線量が多い時間帯は、外での活動を控えるべきです。しかし学校でも幼稚園でも真昼間にプールやってます。

 2)場所の工夫

 昼にプールをせざるを得ないのであれば、天幕を張ってやりましょう。それもできないのであれば、せめてプールサイドに日陰は作っておくべきです。そして夏は室内中心のスポーツにした方が良いのかもしれません。

 3)衣服

 ラッシュガードが許可されている学校は少ないと思いますが、推奨すべき紫外線対策です。

 4)サンスクリーン剤の塗布

 ウォータープルーフの日焼け止めは塗ってプールに入るべきです。水が汚染して濁るなんてことはありません。これもまた、子供に日焼け止めを持参させて良い学校なんて聞かないですよね・・・。

 3)4)に関しては、給食代も払わない家庭がある中、日焼け止めも買わない(買えない)という家庭もいらっしゃると思いますので、学校側で準備するなど、課題が多いと思います。

日本臨床皮膚科医会の学校での紫外線対策について

ビタミンA配合のコスメ、ハンドクリームも。

当院では、美肌、アンチエイジング目的に、ビタミンAであるレチノールを使用したスキンケア「エンビロン」を実践しております。

多くの方に結果を出していただいて、美肌の第一選択といえる治療法と思っています。

ビタミンAの作用については、こちらをご参照ください。

・光老化(紫外線による肌のダメージ)によるシミやしわの予防

・肌のターンオーバー(素肌の入れ替え)を促進することによる美肌効果

主として上記二つが主な作用です。副作用として、高濃度のレチノールでは、皮膚の赤みや、皮剥けなど、レチノイド反応と呼ばれる症状が出現することがあります。エンビロンでは、低濃度から徐々にステップアップするように、プログラムが作られています。

 最近はドラッグストアのコスメにも、ビタミンA配合やレチノール配合といったアイテムを目にすることが増えてきました。医師の指導の下ではないので、おそらくレチノイド反応が誰にも出ないぐらい低濃度で配合されていると推測されます。逆に効果もマイルドなのかなって推測されます。しかし、唯一肌を若返らせることのできるビタミンAがちゃんと入っているというのはとっても良いことです。化粧品コーナーでは、ビタミンA配合のものを探してみてはいかがでしょうか?下の写真は、某メーカーのハンドクリームです。私もエンビロンを手の甲に塗布して、手背のアンチエイジングをしています。

IMG_8361 IMG_8362

ノーズパッドレスのサングラス「エアフライ」

めがねやサングラスの鼻当て部分の当たる皮膚は、炎症後色素沈着を繰り返し、難治性のシミになること、そこでノーズパッドレスのめがねやサングラスについて、昨年投稿致しましたが、時々お問い合わせがあるので、同製品のHPのリンクを掲載しておきます。

エアフライ

ネオジン

次へ »

pagetop