粉瘤(アテローム)の中身

アテローム上皮性の皮膚腫瘍と言われます。上皮というのは皮膚や粘膜等を指します。体の表面や、口の中・胃腸の中の表面粘膜などです。アテロームというできものは、皮膚の浅い部分にできた袋状の良性腫瘍です。この袋が上皮でできているので、上皮性の皮膚腫瘍といいます。皮膚は擦ると垢が出るように、上皮も表面から代謝物が排出されます。従ってアテロームの袋の中も垢のような、粥状の内容物が詰まっております。

写真は摘出して10㎜程のアテロームです。

袋状になって、中に何かが充満しています。

DSCF2941

では真ん中で割ってみます。

DSCF2945

粥状の臭い内容物がでてきました。

アテロームは時々この臭い内容物が外に排出されることがあります。患者さんは時々臭いやつがでてくる!と言われます。また、アテロームが感染したというのは、この粥状物に細菌感染し組織に波及したものです。

粉瘤(アテローム)の手術に関する投稿
岐阜市薮田南 形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック

 | 

pagetop