埋没法は腫れずにできるか?

 二重まぶたを作る埋没法。毎日のアイプチが面倒、友達はみんな広い二重を作っている、まぶたがかぶさって目が小さい、アイメイクが映えるようにしたい、たるみを少しでもなんとかならないか、などなど、動機は様々ですが、皆さん、埋没法って腫れますか?と決まって聞かれます。

 その日も、次の日も、ご予定がある、友達には内緒など、社会生活上、あまり眼が腫れていては人から突っ込まれます・・・。

 この質問の答えはとしては、「腫れずにはできません。多少なりとも腫れます、極々稀ですが、かなり腫れてしまうこともあります。内出血は少なからず伴うことが多いです。内出血がひどいと、腫れもひどくなります。」

 この答えの続きですが、「腫れはや内出血は仕方がないことです。」
 そのとおりです。ただ、「腫れや内出血が最小限になるよう努力して行います」と付け加えることにして、有言実行です。
私なりに気を付けていることですが、特殊な方法はしていません。

患者さんに力が入らないよう、説明と声かけをする。

 患者さんは何をされるかわからないと、ちょっと触るだけで、目をぎゅっとしてしまい、力が入ります。そして息をこらえてしまいます。これらの反応は、頭部の血液の還流を妨げますので、内出血がしやすい環境になりますし、むくみも起こしやすいです。リラックスするよう、声をかけています。

局所麻酔の量は最小限にする。

 Dr.によって、考え方がいろいろあると思いますが、私は片目の麻酔量を計0.1ccで済ませるように意識しています。これで腫れた感じはほとんど出ません。麻酔を効かせたい層に効率よく注入すれば十分足ります。術中の痛みはありません。

皮膚の局所麻酔は、針を縦方向に刺す。

まぶたの皮膚の表面にある細血管を刺してしまうと内出血を起こします。麻酔注射時に針を横から刺すよりも、意識して頭側から縦方向に刺した方が、血管の走行とクロスしにくく、損傷しにくいと思います。

局所麻酔は皮内に打つ。

 このことは多くの教科書に書かれておりますが、まぶたは薄い皮膚の下に眼輪筋という筋肉があります。ここは血流が豊富ですので、この筋肉に麻酔せず、なるべく皮膚の中のみに注入すると内出血が少ないです。

切開は1mmとする。

これもDr.によってまちまちですが、私は1mmぐらいは傷をつけ、操作しやすくしています。これ以上大きく切っても腫れてしまいますし、小さすぎて操作しずらいと、また腫れてしまう原因になると思います。しかし、いずれにしそのDr.が慣れた方法で良いのだろうと思います。

内出血したら、慌てずに圧迫止血を十分行う。

 出血しているにもかかわらず手術を続けると、気付くと結構真っ青で腫れていたりしますので、すぐに圧迫して少し待ちます。

裏側の太い血管を刺さないように注意する。

 瞼の裏側にある、結膜と瞼板という組織に糸を通しますが、このときに上瞼板動脈という太い血管とその分枝を損傷してしまわないよう走行を意識して針を運ぶようにしています。

 | 

pagetop