埋没法とアイプチ

 人気の埋没法。

 毎朝アイプチするようになってもう10年なんて方や、アイプチは一度すると、絶対やめられない!っていう若い女子は多いと思います。思い切って埋没法をやりたいとご相談に来られる理由になっています。

 しかし、アイプチやアイテープでかぶれたり、皮膚炎で真っ赤なんてことありませんか。

 接触性皮膚炎ですから、大丈夫な人は大丈夫だし、ダメな人はいつもダメなんだろうと思いますが、かぶれても我慢してアイプチするなんて、絶対やめてほしいです。

 そして、かぶれた状態で埋没法を受けたいと来られることもよくあります。できますか?

 答えは、お勧めはしません。以下のいくつかのリスクが挙げられると思います。

希望のラインより、狭くなる。

 かぶれて皮膚炎を繰り返している状態ですと、まぶた自体、割とむくんでしまっていることが多いです。むくんだ状態で希望の二重をシュミレーションして手術したとしても、むくみが引くとラインが狭く感じることになってしまいます。

 むくんだ状態でのデザインは正確性に欠けるということです。

内出血しやすい。

 炎症が起こっていると、その部位の血流が多くなっています。メスを入れたり、針を刺すと、勢いよく血が出ることもあります。内出血のリスクは高くなります。

感染しやすい。キズの治りが悪い。

 炎症が起こっていると、正常な状態より傷の治癒が遅れることがあります。また、その部の免疫機能が悪く、埋没した糸にばい菌が感染してしまう可能性出てきます。一度糸が感染すると、手術のやり直しということも、よくあることです。


 私たちはやはりかぶれている状況では1週間前後待って、治ってから手術が良いと勧めます。
しかし、長年、皮膚炎が続いた皮膚のむくみの引きは悪いことが多く、できるだけ長く待ってからが良い時もあります。しかし、あまり長く待ってもらうと、そのうち今日はどうしてもアイプチしなきゃいけないようなイベントに遭遇し、そこでまた皮膚炎を再開させてしまい、もうどうしょうもない状況になりますね。これ、ほんとよくあります。
 つらいでしょうが、埋没さえしてしまえば、毎朝のアイプチと皮膚炎から解放されるのですから、ちょっと我慢をお願いいたします。

 | 

pagetop