ヒアルロン酸注入の仕方

ヒアルロン酸注入

 
 プチ整形で大変人気のあるヒアルロン酸注入です。普通、関節や眼球、真皮など、人の体のどこにでも存在する物質です。
 
 美容医療に用いるヒアルロン酸は、人工的に生成されて、写真のように注射器に充填された製品です。粘性のあるジェル状のもので、化学的架橋の程度により種々の製品があり、用途に応じて使い分けます。 
 
 
 注入後は徐々に吸収され、半年から1年程度でなくなります。しかし、繰り返し注入したり、塊で注入するなど、その状況や使用した製材、部位などにより、長年留まったりすることもあります。
 

ヒアルロン酸注入の目的

 
 
 ・深い皺(法令線、下まぶたのくぼみやクマ、マリオネット線、ゴルゴ線)の下に注射してその皺を下から持ち上げ、皺を浅くします。主に皮下に注入します。
 
 
 ・浅い皺は難しいです。ちりめんじわや眉間、おでこの横皺、首の横皺、法令線の延長上の小じわなどですが、刻まれたような細い皺は真皮もしくは真皮直下の浅いところに、低架橋ヒアルロン酸を注入します。うまく持ち上がることもありますが、周囲がミミズ腫れっぽくなって不満だという声も聞きます。ヒアルロン酸自体、保水成分でもありますので、注入後、水分を吸収して少しボリュームが出たり、肌が潤い、張りが出るような効果もあります。
 
 ・輪郭形成ですが、鼻筋を高くする、顎先を出す、こめかみをふっくらさせるなど、様々な要望に対応できます。
 
 ・アンチエイジングとしてのボリュームアップ。これは加齢とともに頬が下垂したり、フェースラインにたるみがでたり、目元がこけたり、などの、たるみと脂肪の萎縮に対し、ボリュームを回復させるものです。
 
 
 たとえば日常、よく行っているもは目元のやせです。頬の頂点がたるんで下方に移動しますが、この頂点を上方へもどすべく、下まぶたのすぐ下の頬にボリュームを補って盛り上げさせます。ドールチークとも呼ばれます。
 
 ・水光注射は皮膚の表層に有効成分を微量に注入し、美肌を促すものですが、この薬剤の中にヒアルロン酸を使用することもよくあります。
 

注入時の留意点

 
 患者さんとして問題になることはいくつかありますが、頻度の高い事象は、注射時の痛みと内出血です。
 
 ①冷却 
 
 痛みを鈍らせることができます。また血管を収縮させ、内出血するリスクを低くします。
 
 ②麻酔クリーム 
 
 これは塗っておけば最初のチクっという痛みが軽減します。
 
 ③麻酔注射 

 局所麻酔剤を注射します。特に広範囲に注入する場合は神経ブロックをします。また、ヒアルロン酸製材自体に薄い局所麻酔薬が調合されていますので、連続して注射していく注入方法であれば、痛みは多少和らぐと思います。
 
 ④注入用の針 

 普通の注射針を使用すると、毛細血管を突き刺し内出血させてしまうリスクがありますが、写真のようなカニューレと呼ばれる先の丸い針を使うとそのリスクが軽減します。
しかし、このカニューレは皮膚を外から突き刺すことはできませんので、細い針で先に穴を1か所だけあけることになり、そこからこのカニューレを皮下に挿入し注入します。

 カニューレの先端には孔が開いておらず、先の側面に孔が一か所あるので、この方向を考えながら注入しなければなりません。

 また、血管内にヒアルロン酸を誤注してしまう事故を防ぐ意味でも安心の針です。

 | 

pagetop