美容外科とルミガン

まつ毛の年齢的変化

 まつ毛は美容において、重要であることは、つけまつ毛、マスカラ、まつ毛パーマ、ビューラー、まつ毛エクステ、まつ毛美容液などの様々なメーク法があることからも、自明の事実です。いずれも、目的はまつ毛をより長く、より多く見せることです。

 特にアジア人女性においては男性も女性も白人に比べるとまつ毛が短く、量が少ないことがわかっています。

 また、女性の場合、年齢とともにまつ毛の長さは短く、量は少なくなって、睫毛貧毛症になっていきます。これが自然の経過ですから、当然、若々しい目元づくりという意味でも、まつ毛を長く多く見せたいと思う方は多いです。また、若い女性では、より美しく、魅惑的な目を作り出したりするうえでも、豊富にまつ毛がある方がメークなどもしやすくなります。

 一つ面白いことに、なんと、男性の場合は年齢とともにまつ毛の長さが短く、量が少なくなることはありません。横ばいなのです。

まつ毛発毛育毛剤

 クリニックでは、まつ毛発毛剤として、ラティース、ルミガンといった薬剤を処方することがあります。使用すると数週でまつ毛が濃くなってきます。

 いずれも薬剤も、もともとは緑内障の点眼薬だったのですが、例えば、ルミガンにおいては、約半数弱の点眼患者のまつ毛が、濃くなったことが副作用としてわかり、まつ毛育毛発毛剤として使用されるようになりました。

 つけまつ毛や、エクステをされる際も、その前からルミガンなどでまつ毛を増やしておくと、メークもしやすくなります。埋没法で作った二重のラインもさらにエレガントになります。

ルミガンと目の窪み?

 サンケン・アイといって、上まぶたの窪みを気にされる方がおられます。多くの場合は、加齢とともに目の周りの脂肪が少なくなって窪んで見えたりします。やや老けた印象になるので、治療を希望される方がみえます。治療法は、眼瞼下垂、その他眼の周囲のたるみを改善する手術をすることがあります。手術では改善しなさそうであれば、注入をします。脂肪注入、もしくはヒアルロン酸注入です。

 このサンケンアイですが、治療を希望してこられる方の中に、緑内障で、ルミガン点眼中の方がみえます。実は、ルミガン点眼中の2%程度で、サンケンアイが発症する方がおられるようです。
 こういった方の場合は、注入などせず、まずはルミガンを中止して、違う薬剤に変更したりしていただきたいと思います。しかし、そこから先は眼科の先生にお任せです。止めれば改善するのか、どこまで不可逆の要素があるのか、引き続きリサーチしようと思います。

 今回はまつ毛発毛剤ルミガンと我々の関わりについて、トピックスをまとめてみました。

 | 

pagetop