機器によるたるみ治療、その痛み

たるみの治療といっても、いろいろありますが、最近の主流は切らないフェイスリフトと呼ばれるものです。機械を顔にあてて、たるみを軽減していく施術です。

高密度焦点式超音波HIFU

 ウルセラが代表機種です。写真はウルトラセルです。
超音波のエネルギーを皮膚より深い筋膜に与えます。

苦痛の少ない程度のパワーで行いますが、痛い方が効果的なのだと思います。

実際の感覚は、ピピピピピッと皮膚の奥に衝撃がズンッとくる感じです。頬はその程度良いのですが、下あごの骨の付近は痛みが増してきます。ズンッとくる感じですが、それが骨に響いてい痛くなるような感覚です。

また、下あごの骨の下も痛いです。顎下腺あたりでしょうか、ここに直接強い衝撃が与えれている感覚です。

また、おでこの生え際もビリッと痛みがあります。

痛いといっても、効いてるなーという感じで、耐えられないことはありません。また、耐えがたい痛みならばパワーを落として、リラックス、もしくは会話をしながらでも施術できるようにしています。

モノポーラ高周波(モノポーラRF)

 サーマクールが代表機種です。高周波エネルギーを皮膚の中の真皮に与えます。HIFUより浅い層ということです。

 サーマークールというと、飛び上がるぐらい痛いという方がいます。これは初期のもので、当時は良く全身麻酔(軽く鎮静する)でポワッと300発ぐらいやっていました。現在はサーマクールCPTで比較的楽に施術できます。

 写真のウルトラセルではGFRという高周波治療が可能です。痛みの軽減のため、パワーを抑えたショットを瞬時に2回照射する方式で、痛み無く、同じエネルギーを与えられるように工夫されています。

 実際はほんのり熱いという感じだけです。しかし、顔の輪郭、特に耳の前あたりになると熱っ!て感じです。
 ショートスレッドなどの針系の施術も、輪郭周囲は痛いと言われます。

RFも苦痛がない程度にパワーを考慮して行いますので、恐れることはありません。

 | 

pagetop