バッカルファットはどんな手術か?

❙バッカルファットとは
 
 日本語では頬骨前脂肪とか、言われているようで、その名の通り、頬骨の前面にある、ある程度まとまった脂肪の集まりです。皮膚の下にある、皮下脂肪ではありません。バッカルとは頬を意味して、ファットとは脂肪を意味します。
 ほっぺにあめ玉を含んだように、頬が丸くふっくらとしている人はこのバッカルファットが多くあるのかもしれません。また、加齢に伴い、口角の下にブルドッグのふくらみ(ジョールと呼ばれます)がある方は、このバッカルファットが下垂したものと言われています。

 形成外科医、美容外科医であれば、頬骨の骨折手術や骨きり(頬削り)をするのですが、この時、愛護的に手術しないとバッカルファットが飛びだしてくることはたまに経験します。

❙バッカルファットの切除手術の適応
 
 小顔にする施術は、顔を大きく見せている原因によって、いろいろな方法が適応されます。
 小顔にしたい!といってすぐにバッカルファットを取りましょう!ということはないと思います。顔がしもぶくれで特に笑った時にしもぶくれが目立ってしまう方が最も良い適応であると、私の指導医から教わりました。将来、ブルドッグになることが予防できるとか、術直後から顔が小さくなるとか、様々な適応が言われておりますが、私はある程度、適応は限定されるのではないかと考えています。

❙手術方法のポイントをまとめます
 
 手術は局所麻酔でも可能ですが、全身麻酔の方が楽と思います。
 口腔内からアプローチします。
 耳下腺管の開口部をメルクマールにして、そこからほぼ同レベルの高さで後方に10㎜程、粘膜を切開します。頬筋を鈍的に剥離するとバッカルファットに到達しますが、盲目的に上方へ剥離を進めると、顔面神経頬筋枝、深顔面静脈、耳下腺管など、重要な組織を損傷する恐れがあります。
直視下にバッカルファットを圧迫しながらそのカプセルを剥離できると、鶏卵黄大の脂肪が嫌でもはみ出してきます。鶏卵黄大より小さい人は手術してもあまり効果がなかった人だろうと、指導医から教わりました。

 | 

pagetop