アートメイク(眉毛)の実際

詳しいデザインの仕方、施術の流れについては、後日詳細をアップします。

ひとまず、

施術動画でイメージをご覧いただけます。

 

DSCF3019

上の写真は施術に使用するニードルです。9本の針が斜めに並べられています。技術者はオリジナルでこのニードルを調整し、最も使いやすいようにしています。また、この針は必要以上に深く入らず、色素をちょうど入れたい表皮の深さに入れることができます。

タッチアップ(初回をベースにした2回目以降の施術)

DSCF3280

タッチアップには電動のニードルを使うこともございます。

電動ニードルでのアートメイク 毛流をデザインしています。

DSCF3331

自然な眉毛の流れを再現できます。

術に関するQ&A

岐阜市薮田南 形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック クリニックで行う医療アートメイク(眉毛)

 | 

pagetop