脂漏性角化(年齢とともにできる茶色の小さなシミやイボ)、首のイボ治療

 

脂漏性角化症はありませんか?

 色は褐色調ですが、黄色っぽいものから黒色調のものまでさまざまな濃さのものがあります。大きさは数mmから2~3cmくらいで、平坦なもの(老人性色素斑とも言われます)やわずかに盛り上がるものから突出したしこりになるもの(老人性疣贅やアクロコルドン)まであります。

DSCF5166

写真は背中の脂漏性角化症で、茶褐色の小さな点々があります。(写真下方の左右にある濃い黒い点はホクロですから、脂漏性角化症とは全く違います)

良性ですから放っておいても問題はありません。アンチエイジングの観点から考えると、やはり肌老化を感じさせ、老けた印象で、決して若々しくありません。また、多発すると、自分でも見た目が気持ち良いものではないなと、思ってしまいます。

治療法の主体はレーザーで取ること。

 小さく平坦、もしくは若干の盛り上がりのあるものは炭酸ガスレーザーによる除去が良いと思います。病変は皮膚のとても浅いところにあるので、除去しても正常な皮膚が再生するため、痕が残りません。ちなみにホクロはレーザーで除去しても、病変が深いので少なからず痕が残ります。

DSCF5167

写真は除去後の同じ部位です。(ホクロは痕が残るので取らなかったケースです)治療直後ですが、若干の赤みがあります。少し擦り剥けた状態ですから、数日軟膏を塗布しておいていただければ綺麗に治ります。

麻酔は無しでも耐えられることが多いです。ご不安な方には麻酔クリームを塗布します。

 他の治療法としては、大きいものは手術することもあります。また、液体窒素による凍結療法も行う施設があります。電気メスで焼く施設もあります。手術は別として、凍結療法や電気メス焼灼は脂漏性角化症の病変周囲にも損傷が広がることもあり、その結果、炎症後色素沈着という、治療後の数か月続くシミになったりするリスクが高くなると思います。炭酸ガスレーザーは周囲組織への影響を最大限抑えるように工夫されているので、最も愛護的な除去方法と思います。

下の写真は治療翌日です。治療部位が赤い点状に見えます。数日で治ってしまいますが、顔や首など、見える部位の場合は施術時期を考えた方が良いかと思います。

IMG_7555

多発症例のレーザー治療

 前述のとおり、大変優れた治療方法ですので、デメリットは少ないです。ぜひとも治療されることを希望します。下の写真は頸部の脂漏性角化症、アクロコルドンと呼ばれるものやスキンタッグ、軟性線維腫といった首のイボです。左は治療前、右は治療後1週間目です。とてもきれいになっていますし、清潔感と若々しさが戻った印象です。

・治療は麻酔をしなかったので、若干の痛みがあること。

・沢山の個数を治療すると時間がかかり、痛みと焦げ臭い匂いで少しつらいこと。

・手間をかけて治療した分、大変エクセレントな結果になること。

 

DSCF5014

DSCF5129

当院での工夫

 上記のような多発例には向きまんが、孤発例の治療では、拡大鏡(ダーモスコープ)をしようして、綺麗に取れているか確認しながら治療しています。

DSCF4545 DSCF4546このように拡大鏡を使用すると、除去できているかよくわかるので、極力浅く最小の侵襲で治療することが可能です。また、逆に取り残しの可能性も少なくなります。

 

DSCN0974

首にできる多発するイボや、上の写真のようなレジャーで良く日焼けする中高年の顔のシミやイボは、脂漏性角化症であることが多いです。綺麗に治療できる可能性が大きいので相談にいらしてください。

 

岐阜市薮田南3-7-7 形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック 脂漏性角化症、老人性イボ、首のイボ、炭酸ガスレーザーによる除去に関する投稿

 

 

 

 

 

 

 

 | 

pagetop