目元のヒアルロン酸注入でよくあるトラブル ヒアルロニダーゼで溶かす

 

目元のヒアルロン酸注入について

目元の美容上の悩みでよく聞くこと

・クマが目立つ

・皮膚のたるみ

・笑い皺や縮緬皺

・クマの下の深い溝

・目袋の突出

・涙袋の縮小

 などなど、たくさん挙げられるのですが、ヒアルロン酸注入ではこれらの症状のいくつかは改善することが可能です。

・クマの下の溝に直接注入することは後で述べるリスクがあるのですが、この溝のすぐ下(眼窩下縁)に注入することで、目元のたるみ感を軽減したり、頬がリフトアップした感じを出すことができます。また目袋の突出も幾分ごまかすことが可能です。

・細かいシワには非架橋ヒアルロン酸やコラーゲンを注入することでハリを出したりシワを浅くしたりできます。

・ふっくらした涙袋は若々しくかわいらしい印象を出すことができます。こちらも少し粘度の高いヒアルロン酸で形成することがでるのは、昨今の芸能人などで有名な話ですね。

よくあるトラブル

目元に限らないものもあるのですが、以下のようなトラブルが考えられます。

・ヒアルロン酸の過注入

 とくに涙袋で注入量が多すぎ、すなわち過注入しますと、不自然に下垂してきて目袋が大きくなったように見えます。目袋が大きくなるということは、とても老けた印象を醸し出します。

・ヒアルロン酸の過少注入

 これは単純に注入量が少なくて効果が物足りないということです。これは再注入するだけのことですから大きな問題ではありません。

・ヒアルロン酸のアレルギー

 まれですが何千人に一人ぐらいは赤くはれたりするアレルギー反応が生じることがあります。

・ヒアルロン酸が透けて青く見える

 目元の皮膚は体のなかで皮膚が最も薄い部分です。ヒアルロン酸の注入層は、涙袋は眼輪筋内ですが、目袋の下の深いシワは骨膜上といって比較的深めに注入することが多いです。しかし皮膚のすぐ下という極めて浅い層に比較的固いヒアルロン酸を注入してしまうと、青く透けて見えることがあります。チンダル現象と言われています。

 

 経験上、上記の中でよくあるケースは、涙袋への注入量が多いか、シワへの注入層が浅いなどで、目袋が大きくなってしまったケースです。しかもいずれの場合でも皮膚の浅い層にヒアルロン酸が存在するため、チンダル現象で青く透けて見えます。これがさらにクマが濃くなってさらに疲れて老けた印象になってしまいます。

  トラブルへの対応としては注入されたヒアルロン酸を溶かす薬剤「ヒアルロニダーゼ」を同じ部位に注入することです。当院ではヒアラーゼ1500単位を1㏄の生理食塩水で溶解し、気になる目元へ0.1㏄程度注入しています。注入後よりすぐに融解が始まり、数日で落ち着きます。DSCF5843

 

岐阜市薮田南 形成外科・美容外科・美容皮膚科 ぎふスキンケアクリニック ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸を溶かす注射(ヒアルロニダーゼ)・目元のしわ などに関する投稿

 | 

pagetop