治療の難しいシミ「メガネの鼻パッド痕」

メガネの鼻パッドの当たるところは・・・

 メガネの鼻当ての当たるところって、黒ずんでシミになっている方はとても多いと思います。このシミは慢性的な機械刺激、つまりパッドによってこすれたり圧迫されたりして皮膚が慢性炎症を起こし田状態が続くため、炎症後色素沈着が全然改善しない状況になっています。炎症後色素沈着の治療方法について

私の予防策

①メガネの種類を細かく使い分け、同じ場所ばかり鼻当てが当たるのを防ぐ。

②できるだけ軽いメガネを使用する。

③パッド全体が皮膚にあたるように(つまり均等に圧がかかり、一点集中しないように)する。しかし、実際はパッドの下方に重さが集中し、下の方だけは赤くなってしまいますよね。

 

ノーズパッドレスのメガネ

 そこでノーズパッドのないメガネを提唱して開発した先生が、新潟にある美容皮膚科の野本先生です。当院では同先生の開発したミネラルファンデーションも採用し好評のため、メガネもどんなものか興味があり、先日の日本美容皮膚科学会で現物を見てきました。

FullSizeRender (1)このサングラスはノーズパッドは無く、サイドパッドが頬骨に当たることでささえています。写真では透明の素材のサイドパッドがわかります。

FullSizeRender (2)こちらはAirFly(㈱ジゴスペック)です。同社同製品のHPはこちらです。同様の機構です。顔にフィットするよう、自分でパッドやテンプルを調節することが可能です。

私は実際に買って使っています。このサイドパッドによる恩恵をまとめてみます。

・鼻にメガネの跡がつかない。

・鼻パッドの当たる部位のシミができなくなる。

・同部のメイクが崩れない。

・装着した時に顔が軽い感じがする。圧迫感がない。

・汗をかいてもズレにくい。

心配なことはサイドパッドがあたる部位は慢性的な刺激でシミにならないかということです!鼻よりも圧が分散しそうですから、大丈夫かと思うのですが・・・。こまめにパッドの当たり方を調節しておくしかないと思います。3時間使用した時の、右頬部の発赤の写真を示します。

FullSizeRender (1)ごく軽度です。それより毛穴が目立つので、がんばってエンビロン、ロールキットを転がさないといけません。

今回日本美容皮膚科学会でこの展示ブースはなかなか盛況でしたから、こんご世に広まっていくこと期待しています。

FullSizeRender

ご興味のある方は、当院「形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック」にお問い合わせください。

今回は特殊なシミの投稿でした。光治療やレーザー治療ではダメです。そもそもそこにパッドが当たらないようにしないと!

FullSizeRender (2)

 

 

 

 | 

pagetop