日本における紫外線対策の遅れ

紫外線は皮膚に悪影響。百害あってい一利のみ。

 光老化と呼ばれますが、しみ・シワの原因として、紫外線は8割の悪役を担っています。年齢のせいにしてはいけません。そして、皮膚がんの重要な原因になっています。外仕事(農業や漁業など)をつづけてきた高齢者の方の日光露出部位(顔や手の甲)などは、よく皮膚がんが発生します。一卵性双生児が、紫外線対策をした方と、しない方で80歳まで観察すると別人のように肌質に違いがでるのです。

 一利あるといわれるは、紫外線によって体内にビタミンDを合成することができるということです。その為過去には日光浴というものが推奨されましたが、必要なビタミンDは日陰に30分、つまり普通に生活しているだけで十分な紫外線量が得られます。

小麦色の焼けた肌は80年代の妄想・・・

 健康的に日焼けするなんてことは、過去の妄想です。

 ・子供のうちから日焼けをしよう! と言っていると皮膚がんになります

 ・夏日焼けをすると冬風邪をひかない! と言っていると免疫機構が1週間程度不安定になってヘルペスが出たり、疲れをためてしまいます

 ・日光浴で丈夫な骨を作ろう!上記のごとく、その必要はありません

欧米や豪州の紫外線対策キャンペーン Slip Slop Slap Seek Slide

  1. Slip on sun protective clothing that covers as much of your body as possible.
  2. Slop on SPF 30 or higher broad-spectrum, water-resistant sunscreen, at least 20 minutes before sun exposure. Reapply every two hours when outdoors or more often if perspiring or swimming.
  3. Slap on a broad-brimmed hat that shades your face, neck and ears.
  4. Seek shade.
  5. Slide on sunglasses.

 衣服、サンスクリーン剤、つばの大きな帽子、サングラスを使って紫外線防御し、日陰にいなさいというキャンペーンです。slip slop slapと韻を踏んで国中に浸透させ、皮膚がんの発症を減らしているとのことです。

 日焼け止めに関してはSPF15~30 PA1+を日常的に塗布することで、日光黒子や日光角化症(皮膚がんの手前)扁平上皮癌も、光老化も効率的に予防可能です。しかし、薄く塗るだけではだめです。重ね塗りするぐらいで表示された効能を発揮しますから、注意してください。塗り直しが重要なのも上記のとおりです。

教育現場での紫外線対策の遅れ

 本来教育現場で行うべき紫外線対策を挙げてみますが、日本は先進諸国の中でもかなり遅れているようです。文科省は主導力が弱く、日本美容皮膚科学会などが主導で啓蒙活動を行っています。

 1)時間の工夫

 紫外線量は一日の中でも変化します10時から15時の比較的紫外線量が多い時間帯は、外での活動を控えるべきです。しかし学校でも幼稚園でも真昼間にプールやってます。

 2)場所の工夫

 昼にプールをせざるを得ないのであれば、天幕を張ってやりましょう。それもできないのであれば、せめてプールサイドに日陰は作っておくべきです。そして夏は室内中心のスポーツにした方が良いのかもしれません。

 3)衣服

 ラッシュガードが許可されている学校は少ないと思いますが、推奨すべき紫外線対策です。

 4)サンスクリーン剤の塗布

 ウォータープルーフの日焼け止めは塗ってプールに入るべきです。水が汚染して濁るなんてことはありません。これもまた、子供に日焼け止めを持参させて良い学校なんて聞かないですよね・・・。

 3)4)に関しては、給食代も払わない家庭がある中、日焼け止めも買わない(買えない)という家庭もいらっしゃると思いますので、学校側で準備するなど、課題が多いと思います。

日本臨床皮膚科医会の学校での紫外線対策について

 | 

pagetop