埋没法による二重まぶたの実際

 プチ整形の代表格で、糸で止める二重まぶた形成手術です。この埋没法には2点留や4点留など、皮膚を何か所切るかによって、名前がついています。1点留や3点留、5点留などを行うというクリニックもございますが、当院では特別希望がなければ2点か4点です。カウンセリングによって、どちらが適応か、しっかりとカウンセリング致します。

(この記事は手術の写真が載せてありますので、苦手な方は注意してご覧ください。また、文章のみご覧になりたい方は、当院までご連絡ください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は2点留の手術の実際を見てみます。

デザインの後、皮膚に麻酔の注射をします。

DSCF3666

 赤い点は糸を埋没させる予定の部分です。ここに30ゲージという大変細い注射針を使用して、局所麻酔を行います。当院では一か所0.02㏄程度を皮内に打ち込みます。大変少ない麻酔量ですからほとんど腫れません。また、針が細いのでわずかで済みます。針が細いことは、注射による内出血のリスクを減らしますから、腫れる可能性を下げることができます。

1㎜程度の小切開を行います。

DSCF3693

 先の尖がったメスを当てて、わずかに皮膚を切って糸を埋没させるスペースを作っていきます。これ以降、眼の中に何やら金属の板(角膜保護盤)を入れておりますが、点眼麻酔をしてありますから痛くありません。この板を入れて操作することで、誤って黒目に傷をつけてしまうことを防ぎます。またまな板のように使用するので、最初の切開がしやすくなります。クリニックによってはこの板を入れずに手術するクリニックがあります。この板を入れることで患者さんが苦痛だからとの理由だそうですが、黒目に傷がついたら大変なことです。安全第一です。

眼輪筋を広げておきます。

DSCF3668

 細い鋏の先を差し込み、傷の中にわずかにスペースを作ります。糸の結び目をこのスペースに埋め込んでおくためです。このスペースが不十分ですと、結び目が露出しやすかったり、透けて見えたりしやすくなる可能性があります。

まぶたを裏返し、瞼板に麻酔をします。

DSCF3695

 上瞼板動脈を損傷しないように必要最低限の麻酔量で結膜下、瞼板内に注射します。 ここで稀に結膜下に内出血を起こしてしまうとみるみる腫れてきます。もしそうなった時には瞬時に圧迫止血をし、一時手術を中断してでも、止血を優先したほうが腫れません。

まぶたの裏から表へナイロン糸を通します。

DSCF3698 DSCF3701 写真は結膜に刺す時と、皮膚から出す時の瞬間です。皮膚側に出す時に切り口の真皮にひっかけてしまうと、結び目がうまく埋入しにくくなるので、慎重に行っています。

同じ糸の反対側を瞼板に通します。

DSCF3703

そして引き続きその針をもう一か所裏から表へ通糸します。

DSCF3706

さらに皮膚の2点間の真皮を拾うように糸を通します。

DSCF3707

糸を結びます。

DSCF3710

 写真はすぐほどけるように仮結びをしています。当院では仮結びをした状態で一度座っていただき、できた二重のラインを鏡で確認していただきます。この時点ですでに少しは腫れ始めていますので、希望のラインより少し広く感じる方がほとんどです。左右差が強すぎたり、まぶたの開け具合そのものが弱くなっていたりするケースもあります。そういった場合はこの確認作業の後、適切な修正を行うことも稀ですがあります。

埋没法に関しては「腫れますか?」と「痛いですか?」という質問がとても多いですが、思い切って受けられますと、こんなもんかで終わることが多いです。しかし、患者さんごとに経過の個人差がありますし、医療行為ですので、完璧に安全ということは言いきれません。

術後は目が大きくなり、メイクがしやすくなり、アイプチから解放され、かわいくなって、と恩恵も多いのが事実です。

 

埋没法に関するQ&A

埋没法を如何に腫れなくするか?

 

岐阜市薮田南 形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック 切らない二重まぶた、埋没法。手術の実際

 | 

pagetop