きずの治癒遅延因子、「浸軟」

 

 

 指の怪我で多いのですが、写真のように、絆創膏を貼ったまま、水仕事などされると皮膚がふやけます。これを浸軟とよびます。この状態では傷の治りが悪くなります。

dscf7068

湿潤療法は傷を乾かないように、創傷被覆材で覆う治療なのですが、ただの絆創膏では過度に湿潤して浸軟してしまうか、逆に軽い傷の時は浸出液を吸い上げすぎてカピカピのカサブタ状態になってしまいます。これもまた傷の治癒を遅延させる原因です。

 

当院では傷の状態に合わせて、適切な創傷被覆材をご提案しています。次の写真は治癒した時ですが、皮膚の状態はこのように浸軟していない方がよいのです。

dscf7213

 

岐阜 形成外科・美容外科ぎふスキンケアクリニック きず やけど けが 湿潤療法 に関する投稿

 | 

pagetop